×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

壱岐国続風土記



壱岐国続風土記
(読み下し)


石田郡武生水邑 
共ニ七巻 



寛保二年壬戌
(1742年・みずのえいぬ)


壱岐州俊学大宮司
常陸介吉野連秀正
      著ハす




指導校正  山西 實     
読み下し 松崎靖男     
編集協力  吉永 清     




壱岐国続風土記
 石田郡武生水邑村 第十一
 仏閣


 如意山華渓院華光寺(にょいざんかけいいんけこうじ)   深田村
当寺始めは、波多家の香火所(*注1)だったけれども、今は尊勝院道可大居士
(*注2)向東宗陽大居士(*注3)の霊、 遥拝 (*注4)の牌 (*注5)あり。
故、永禄田帳に云う。七反三丈(*注6)加久院、此の寺は隠岐守様の奥、妙寿院
の御位牌あり。二十三日が忌日なり。高五石隠岐守様より賜わる。
御墓は年ノ尾にあり、華光寺の後なり。山に森様の御墓あり。
又甲州より御扶持方の分、壱反三丈遣わされる。
 今考えるに森は前国守波多野州刺吏源盛也
現住石門は云う。
華光寺は元来波多の御菩提所、故に当山に御廟多し、平戸領となって後、
松浦法印(初代平戸藩主)の指図にて尊勝院道可大居士を当寺の再開基とし、且つ
壱岐国を平戸に属せし志るしとして、当山に墓を築せられる。
其の後、向東宗陽大居士 壱岐守に任せる。これ壱岐国が平戸に属し壱岐守に
任せられる始めなり。
故に宗陽大居士の墓を年ノ尾に築き華光寺の乱塔として、右両墓に亀尾の館
より灯爐一双ずつかかげ、上番下番(当番・非番)をして守らせる。
且つ往時は、年始 歳暮 盆 華光寺に代参あり。但し国守代参借人を供してまいる。
しかるに山本常永が目代であった時、拙僧を呼んで家父目代をつとめし時も、
御借人にて当村 妙見宮及び当寺の代参をつとめる。某(それがし)当地にて
成長し、よくこれを知っている。
然れども只今、一天下諸事倹約になる。平戸に相尋ぬるべきといへども、
それにも及ばず。
これから後、年始 歳暮 盆 華光寺に代参の借人召し連れ侍(はべ)らし候事
相止むべし。尤も銘々(*注7)当地に 相勤め冥加(*注8)のため無沙汰 (*注9)
申さず参詣一通りに致すべし。当村妙見宮又かくのごとしと云う。
拙僧受け給わり、左も右も意に任せられ、よしかしながら、
元旦の朝は妙見宮より直に華光寺に参詣あり。
故毎年寅刻より代参退出迄、役僧二人相詰めるといえども、是又相止むべきや
いなやと問いければ、常永役僧の詰め相止むべきよし命ぜられる。それ以来、
目代代参にあらす私参となり、灯爐も一張づつとなる。
盆念仏村々よりまいる。及び念仏坊の頭、両人墓所並び客殿の庭にて念仏を唱へ、
正月十六日両念仏頭 念仏はじめをなすこと今に至って絶えず。
又境内に龍珠院の墓あり。
其の墓を築ける年より七回忌迄は、亀尾の館より灯爐一双奉られる。
及び郡代国士よりも思い思いの灯篭をかかげる。且つ松林院愁傷して位牌並び
三具足霊膳に祠堂金五両相添え、永く怠慢なく回向すべきよし命ぜられる故、
六月九日 祥月忌日 七月九日済施餓鬼をなす。
 但し松林院存生の中は、施餓鬼料として毎年金子二百疋来る。
則松林院奥田四郎左衛門右委細仰せ含まれられしとぞ。
注 1・香火所(こうかしょ・仏前で焼香をするための火のある所)
注 2・尊勝院道可大居士(松浦道可隆信・初代平戸藩主鎮信の父)
注 3・向東宗陽大居士(三代平戸藩主・松浦隆信)
注 4・遥拝(ようはい・遠くへだたった所から拝むこと)
注 5・牌(はい・書き付けのある札。「位牌・紙牌・詩牌・木牌」)
注 6・丈(じょう・この場合は鎌倉・室町時代の土地面積単位、
    太閤検地前は、一反360歩1丈は1反の5分の1で72歩)
注 7・銘々(めいめい・それぞれ、おのおの)
注 8・冥加(みょうが・気がつかないうちに授かっている神仏の加護、恩恵)
注 9・無沙汰(ぶさた・長い間訪問や音信をしないこと)
   
什物  (じゅうもつ・@日常使っている器具類、什器 A代々伝わる宝物、秘蔵の宝)

舎利塔(しゃりとう・@仏舎利=釈迦の遺骨を納める塔 A室内に安置する仏塔形の工芸品)
  一基 長(たけ) 八寸九分(26.9cm)
 頂蓋(ちょうがい)三寸二分(9.6cm)庇縁(ひさしふち)二寸九分(8.7cm)
                      臺(だい)三寸壱分(9.3cm)

厨子(ずし・仏像などを安置する仏具、一般には仏壇)
      長壱尺壱寸(33.3cm) 横四寸八分(14.5cm)
   四門扇(しもんせん・真理に悟入するための四つの門の扉)
   但し金銀の装飾也

 
  猷山(華光寺十一世猷山石髄和尚)最上山形の講に於いて
  法華科註之時 最上領主の室より之を賜わる

絹地縫涅槃像(きぬじぬいのねはんぞう) 一幅
      但し金襴表具(きんらんひょうぐ)金物附(かなものつき)の大幅(おおはば)
 当寺前住大秀(華光寺十世獨外大秀和尚)の代に諸人之助力を以って成す

樹葉座釈迦像(じゅようざしゃかぞう) 一幅
 但し甫雪(ほせつ・山水画の雪舟の弟子で、16世紀を中心に活躍した)の筆  猷山寄附


一峰和尚百歳之歳旦(さいたん・1月1日の朝、元朝) 詩歌 一幅

下関の釈一峰 百三歳而(にして)寂し、
  紫衣(しえ・紫色の袈裟、古くは勅許によって着用した)を賜う。其の詩歌に云う。
  辰歳旦福禄寿星宿母胎 離家薙髪作僧
  辰年の元旦、福禄寿の星(南極星の化身)母体に宿る。家を離れ、頭髪を剃り、僧と
  なって以来、六根の罪過を懺悔すること、百歳になるまで欠かすことはなかった。
  しこうして、水は自ずと東に流れ、花は自
ずと満つる。
 来六根不欠百齢満水自東流花自満

百歳で紫(紫衣)を賜った一峰の書
      あひをい (*注1)の梅に入るてふ (*注2) 百千鳥 (*注3)
              囀(さえず)るはる(春)は こころ(心)長閑(のど)けし
   呈上(*注4)   石髄和尚


注 1・あひをい(相生・@一緒に生育すること A一つの根元から二つ幹が分かれて伸びること)
注 2・てふ(ちょう・「という」の音変化)
注 3・百千鳥(ももちどり・多くの鳥、いろいろの鳥)
注 4・呈上(ていじょう・贈ること、差し上げること)


大般若経   全部六箱
  往古に朝鮮人の書本を、波多三州の先祖が之を寄進する
然るに前年当寺炎上之時焼失し、
       爾来(じらい・それ以来)寺物を貯え而(て)漸く(ようやく)再興す。


一代蔵経
 内一千三百三十八冊 但合巻
 七千三百三十九軸


琥珀画像ファイル珠   一連
 但し百八の真紅の両総(ふさ)附
 長崎の流人、長福院の比丘尼が寄進


金襴僧伽梨 (そうぎゃり・三衣「さんえ)の一、僧の正装衣、大衣「だいえ」)
 九条(くじょう・「九条の袈裟(けさ)」の略) 一肩
 但し黒繻珍(くろじゅちん)之を合せ切り雜也(まじるなり)。
 道可居士(松浦道可隆信・初代平戸藩主鎮信の父)の室、伝来の阿蘭陀渡りの物を、
 源鎮信(平戸藩4代藩主の天祥鎮信)前住万宝(華光寺六世萬宝大鐘和尚)に賜う。
 於武家縁不為重宝也
 是後猷山石髓(華光寺十一世住持)縁の破損を裏替す也。


西国三十三所観音霊地之土砂石(どしゃせき)
四国八十八所之土砂石    山城愛宕山之土砂石
近江多賀之土砂石    山城稲荷之土砂石
同祇園之土砂石    安藝厳島之土砂石
摂津生玉之土砂石    同住吉之土砂石
山城松尾之土砂石    讃岐金毘羅之土砂石
信濃善光寺土砂石    紀伊高野山之土砂石

*土砂石はお土砂(密教で行う土砂加持に用いる洗い清めた白砂か)の事か?
        記録
壱岐華光(けこう)・末寺の改め帳 元禄五年(1692年)改める所
壱岐国曹洞宗本寺・末寺の改め帳
壱岐華光寺並びに末寺の境内改め帳
壱岐国曹洞宗諸寺院の開山の事
華光寺の支配、並びに門主の触れ下し
諸寺院並びに堂数・本尊の改め帳
華光寺・末寺に関する所の堂の諸事改め帳
諸寺院並びに堂数・本尊改め書き出し控え 元禄十六年(1703年)
元禄五年(1692年)寺領の御判物 (*注1)の写し
国守触状の写し        二巻
両本山壁書触状写   二巻
両本山(*注2)壁書(*注3)の触状写   二巻
末寺の世代記
元禄乙亥(きのとい・1695年)雪月 (*注4)御先代の御判拝領の覚え
                            
注1・御判物(ごはんもの・花押を署して下達した文書)
注2・壱岐曹洞宗の両本山(華光寺・竜蔵寺)
注3・壁書(かべがき・へきしょ・家法・掟書きなど)
注4・雪月(ゆきづき・陰暦の十二月)



住持(住職)

開山(*注1)覚叟大円(かくそうだいえん)和尚
 肥前の国 唐津の生れ、元徳二年庚午(1330年・かのえうま) 二月朔日(*注2)
 遷化(*注3)され、渡良村船越の江?軒(こうろうけん)の境内に葬られた。

二世養雲昌育(よううんしょういく)座元 (*注4)
 壱州の生れ貞和四年戊子(1348年・つちのえね)十月二十四日に遷化された。

三世融峯祝公(ゆうほうしゅくこう)庵主 (*注5)
 壱州の生れ至徳元年甲子(1384年・きのえね)七月二十九日に遷化された。

四世栄室松厳(えいしつしょうげん)首座(*注6)
 肥前国の生れ応永三十三年丙午(1426年・ひのえうま)五月二十七日に遷化された。

是より後、長く住職がいなくて、その間 看坊 (*注7)が住んで管理していました。

五世松室通岩(しょうしつつうがん)座元
 壱州の生れにして文亀元年辛酉(1501年・かのととり)十月二十二日に遷化された。

前住(*注8)梅室春香(ばいしつしゅんこう)庵主
 享禄三年庚寅(1530年・かのえとら)五月二十六日に遷化された。

注 1・開山(華光寺の前身である華渓院を開山のこと)
注 2・朔日(さくじつ・一日)
注 3・遷化(せんげ・高僧などが亡くなること)
注 4・座元(ざげん・僧の位)
注 5・庵主(あんしゅ・僧の位)
注 6・首座(しゅそ・僧の位)
注 7・看坊(禅寺で、留守居をする僧)
注 8・前住(この場合、未だ法統を継がず、住職の前の位との意味)



華渓院(かけいいん)を改めて、 華光寺(けこうじ)と名付けられた。

華光寺の開山は宗雲長禅(そううんちょうぜん)大和尚
 肥前の国 唐津の生れで、波多氏 (*注1)の一族にして、とりわけすぐれて、
 よい言行やよい心がけの多い高僧で、大寧寺 (*注2) 十世奇伯瑞画像ファイル(きはくずいほう)
 和尚の弟子です。ですから、華渓院を受け継ぎ華光寺とし、世代を改め新たに
 開山としました。

   見好書(けんこうしょ)の記述には、壱岐の如意山 (*注3)主 宗雲和尚は、
 肥前国 唐津の生まれで波多氏です。上松浦一帯の領主の一族です。
 出身地の唐津において、古い墓の辺を通る時、「もしもし」という声がして、
 ふり返れば又しても声がして、
 「私は墓の古霊です。子孫が昨日の夕方、私のために仏を供養し僧侶に施
 (ほどこし)をしましたが、仏の戒(いましめ)を破って僧侶は酒をのみ、
 子孫は肉を食べました。此の罪が私に報い、昇天することを妨げています。」
 和尚は古霊を昇天さすための法にしたがって行を勧めなさいと、子孫にこう告げて、
 「古霊の望に任せて親身に法事を執り行なうように」、
 すると夕方の夢(昇天することが出来るように頼んだ古霊)に告げて言いました。
 「徳のある僧の法力だから罪が消滅して昇天した。」と。
 和尚は古霊を救った其の翌年に、華光寺の住職となり寺に入られました。

二代長喜(ちょうき)和尚の書に記述があります。
 ほんとになさけないことに、末世の風俗は戒律を守る者を、逆に誹謗して
 僧侶同士や僧俗の心を隔てさせます。
 だから仏法を敬うことが世間一般の人々よりも劣り、このような有様なので、
 日々に仏法が滅びて行きます。
 偶然にもそこに貴い僧が居れば、その徳をほどこす。これらはすべて末世の
 風俗にして浅ましい限りです。正法を復活させる志を広く一般に喚起することが
 大変大事です。

過去帳の記述には、開山は宗雲長禅(そううんちょうぜん)大和尚で、天文八年
己亥(1539年・つちのとい)十月八日遷化(*注4)と書かれています。

注 1・波多氏(上松浦党の最大の一族)
注 2・大寧寺(たいねいじ・長門市の禅寺で、壱岐曹洞宗の本寺)
注 3・如意山(華光寺の山号)
注 4・遷化(せんげ・高僧などが亡くなること)



中興 (*注1)は 大寧寺十三世 異雪慶珠(いせつけいしゅ)和尚
 壱州 物部村の生れにして永禄元年戊午(1558年・つちのえうま)に、結制安居
 (*注2)し、十月二十五日に大寧寺を  中興された竹居和尚百年忌の拈香 (*注3)
 行なう。
 百年忌は三万六千日です
 異雪和尚は長州(山口県)の大寧寺より 当寺(華光寺)の住職となる。長州の国司
 より大寧寺へ戻るように再度使者船が来ました。
 故に大寧寺に再び戻られ、是の後山口の龍福寺に隠居して永禄七年甲子
 (1564年・きのえね)十月十七日に遷化された。よって龍福寺の中興とする。
 大内義隆 (*注4)の帰依僧 (*注5)で、 物部(壱岐の物部村)金谷寺の開山である。

注 1・中興(ちゅうこう・衰えた状態を、再び盛んにすること)
注 2・結制安居(けっせいあんご・結夏「けつげ」・夏安居「なつあんご」・夏の期間、
         外出せずに一所にこもって修行をすること)
注 3・拈香(ねんこう・焼香・その儀式・この場合百年忌法要の意味か)
注 4・大内義隆(山口の戦国大名)
注 5・帰依僧(きえそう・ある人が信じてその力にすがる高僧)



二世歓笑長喜(かんしょうちょうき)和尚
 壱州の生れにして永禄九年丙寅(1566年・ひのえとら)四月八日に法統を継がれ、
文禄三年甲午(1594年・きのえうま)十月二十一日に遷化された。

 此の代に豊臣秀吉公の朝鮮出兵が始まり、武生水村の亀尾城の番頭として、
或いは祈祷を務める。
 諸宗派の僧が十二人ずつ交代で勤番を行ない、宝幢庵(ほうとうあん)と宝積寺
(ほうせきじ)が宿泊施設となった。
 警護は国中の六十才以上の足軽で賄い (*注1)、 荷役 (*注2)は無役の輩に務めさ
せ、念仏坊がこれを使う。長喜和尚が遷化の後、能山和尚(華光寺三世住持)
これを勤めた。

 見好書の記述に、如意山主の長喜和尚が東国行脚(あんぎゃ)の
砌(みぎり)、箱根を通って三島に上る時に、俄に日が暮れました。道の左に
火が見えたので、尋ねて行けば寺でした。
 中に入れば僧俗が一緒に居り、暫らくして青と赤の二つの鬼が来て大罪と小罪と
をあげつらう。即時に一人の大罪を、厳しくとがめてしかること長時間となる。
 よく見れば私の兄弟子の伝光でした。私を見て涙を流し泣いて言いました。
私と貴方とは一門の兄弟弟子だった。私は徒(いたずら)に年月を過ごし、
責(せめ)にあっている。
 まして私には三の怠(おこたり)がある。
一には母に孝行せず、此れは大罪です。二には仏の恩を忘れ、先祖の恩に
背く罪、三には寺の恩を沢山受けたのに、徒に信施 (*注3)を費やす。
此の三つの過ちがあるために、四六時中責 にあっています。
 貴方に頼みます。箱根の念仏堂にて誦経 (*注4)し、水を手向けてもらえば、
この責めを免(まぬが)れます。長喜和尚がこれを承諾すると、忽(たちまち)寺が
元の野原となりました。
 しまいに念仏堂において一日一夜誦経念仏して、水を手向け兄弟子のため
回向 (*注5)を行なって終わる。必ずや伝光が仏果(*注6)を得ること疑い
ありません。
 帰国の日一家(兄弟子である伝光の一家か?)に告げて又法事を執り行う。

注 1・賄い(今回は、人手などを用意する・充てる意味)
注 2・荷役(船荷の揚げ降ろし)
注 3・信施(しんせ・信者が仏にささげる布施)
注 4・誦経(じゅきょう・経文を声を出して読むこと)
注 5・回向(えこう・成仏を願って供養すること)
注 6・仏果(ぶっか・成仏という結果)



三世能山長察(のうざんちょうさつ)和尚
 長州(山口県)下関の生れにして、 文禄三年甲午(1594年・きのえうま)十月より
 亀尾城(かめのおじょう)の番頭を勤める。
 慶長六年辛丑(1601年・かのとうし)の秋に 発病し野族軒(やぞくけん)と言う塔頭 (*注1)
 に隠居して移る。故に古渓寺の三世英庵和尚が看坊 (*注2)を七年勤める。
 慶長十二年丁未(1607年・ひのとひつじ)英庵和尚の弟子が参内して住持となる。
 同十四年(1609年)己酉(つちのととり)九月七日遷化された。



四世泰叟永通(たいそうえいつう)和尚
 壱州の生れにして慶長十二年丁未(1607年・ひのとひつじ)十月二十一日に
 法統を継がれた。元和四年戊午(1618年・つちのえうま)七月十六日に遷化された。

 見好書の記述に、壱岐如意山主泰叟和尚の塔の前に六地蔵の石体があり、
凶悪な男が石を以って顔面を恐れもなく打ち砕きました。
 この凶悪な男がその日より自然と身体手足に、悪瘡 (*注3)が吹き出て面上の
眼鼻がまったいらになり、見苦しくて中々人に会い難き有り様で、さすがに
非人とも組みし難い。
 この凶悪な男の在処(ありか)を人に問えば中尾の辺りとも庄の辺りとも言う。
私が、厳しく責める事を恐れて、はっきりと語りません。
頃は元禄年中(1688年〜1704年)九月の事です。

注 1・塔頭(たっちゅう・大寺院の敷地内にある小寺院や別坊)
注 2・看坊(かんぼう・禅宗の寺院で、留守居または後見をする僧)
注 3・悪瘡(あくそう・出来物)



前住(*注1)聖岩長賢(せいがんちょうけん)和尚
 肥前の国唐津の生れにして、法統を継がず看坊 (*注2)でした。
 元和八年壬戌(1622年・みずのえいぬ)四月二十五日に遷化された。

前住明翁峯鑑(めいおうほうかん)和尚
 壱州の生れにして法統を継がず監寺 (*注3)でした。
 寛永十四年丁丑(1637年・ひのとうし)九月二十五日に遷化された。

五世 大寧十八世 鉄村玄族鳥(てっそんげんぞくちょう)和尚
 筑前の国の生れにして、四世泰叟以後住持がなく監寺のみなので、
 大寧寺より補任 (*注4)されて来られました。
 寛永十五年戊寅(1638年・つちのえとら)十月十二日に遷化されました。

注 1・前住(この場合、未だ法統を継がず、住職の前の位との意味)
注 2・看坊(かんぼう・禅宗の寺院で、留守居または後見をする僧)
注 3・監寺(かんす・禅寺の庶務係り)
注 4・補任(ぶにん・任命)



六世萬宝大鐘(ばんぽうだいしょう)和尚
  壱州の生れで、源鎮信公(平戸藩4代藩主の天祥鎮信)が帰依し
 本堂(華光寺の)を建立されました。
 奉行は牧山次郎右衛門で、作事役は吉木軍兵衛です。
 鎮信公の命により平府 (*注1)の良雲寺に罷り越しました。
 理由は鎮信公の帰依によるものです。
  しかしながら隠居し老屈 (*注2)しているので、断りましたところ壱州の御津の
 茶屋に差し置かれました。
 この後、日高信助館は、存命中から勝国山と名乗りました。信助館の敷地内
 の一部を華光寺の隠居所とすることを請いました。すると御津の茶屋を、志原
 の信助館に移設して賜わりました。

  また志原の内に、高二十石の請地(うけち)水田が 川上の一谷に、四斗蒔(まき)
 の火田(かでん・畑)が前妻・双六・長野・帯田にあります。
 元禄十五年壬午(1702年・みずのえうま) 冬の畑割(はたけわり)(*注3)の時、壱石蒔
 ばかりを村民が割り取りました。
 この後、宝永年中(1704年〜1711年)の 田割(たわり)(*注3)の時、川上の水田から
 四斗蒔を村民が割り取りました。
 だから石髄(華光寺十一世)は武生水の城代助役 後藤彦次右衛門に訴えました。
 但し請地の由来を述べました。
  彦次右衛門は割子役人を呼び出し、吟味(*注4)をしました。農長の松本
 清右衛門が請地と云うが証文も無く、又清帳 (*注5)に載っていない。
 故に村民が、割り取ったと言っている。それならば是非無し(しかたがない)
 なり、村民が得をしました。

 今萬鐘院と言うは是(信助館の華光寺隠居所)です。勝国山は信助の法号
 (戒名・法名)で、万鐘院は万宝大鐘和尚が 開基の所以(ゆえん)です。
 万宝和尚は参内も行き帰りの船も国主のもてなしを受けました。
 客殿も国主が再度造立と言うが、初めの建立から三年して炎上し、
 後の建立も、又三年して炎上する。
 其の翌年には自ら建立し、曹洞宗の一門中の加勢を受ける。
 さらに其の翌年には江湖 (*注6)を興行し白銀十枚を拝領する。
 以上は現住職の石門和尚の説です。
 過去帳の記述に、万宝大鐘大和上(わじょう・高僧の尊称)は、
 万治三年庚子(1660年・かのえね)十一月二十三日に遷化されたとある。


注 1・平府(平戸の国府との意味)
注 2・老屈(ろうくつ・年老いて体力の衰えること)
注 3・地割り制度(ちわりせいど・壱岐独特の制度で村内の田や畑を共有とし、期限を定めて是を村民に
           割り当て期間後、また割り直す制度です。一見公平な制度に見えるが、割り直しの時
           不正の温床となり、色々な問題が起こった。)
注 4・吟味(物事を念入りに調べること)
注 5・清帳(せいちょう・清書して提出された公的な帳簿)
注 6・江湖(ごうこ・僧を集めて夏安居を行うこと)



七世関室族鳥門(せきしつぞくちょうもん)和尚
 壱州の生れ寛文二年壬寅(1662年・みずのえとら) 正月二十八日に遷化(*注1)された。

八世自鳳雄暾(じほうゆうとん)和尚
 壱州の生れにして寛文十一年辛亥(1671年・かのとい)四月九日遷化された。
 此の和尚の代に総本寺の壁書(*注2)が 大寧寺(*注3)より来たる。
 龍蔵寺に留め置かれ一通を二通にこしらえ置く。
 この後鎮山(華光寺九世住持)の代に 対論(*注4)が起り、大寧寺の灯外和尚が
 吟味した所、一枚の壁書半分より前の拵え物(*注5)は華光寺が所持し、
 半分より後の拵え物は龍蔵寺が所持している。
 華光寺にあたる所は真押字(おうじ・花押)で、龍蔵寺にあたる所は偽押字です。
 両通ともに大寧寺に取り上げる。
 同上猶(なお)、以後の裁許状(さいきょじょう)と考合せ見ること。

注 1・遷化(せんげ・高僧などが亡くなること)
注 2・壁書(命令・布告書また掟書き)
注 3・大寧寺(たいねいじ・長門市の禅寺で、壱岐曹洞宗の本寺)
注 4・対論(たいろん・抗して議論すること)
注 5・拵え物(こしらえもの・本物にまねて作った物)





九世鎭山栄宅(ちんざんえいたく)和尚
  壱州の生れにして、此の代に龍蔵寺との對論が起り龍蔵寺の調伏によって
 騒ぎとなる。
  故に華光寺は龍蔵寺の末寺と定められる時に、渡良村(壱岐の郷ノ浦町)
 東岳院の嶺音(れいおん・僧の名)が 傍(かたわ)らより言上(ごんじょう)するは、
 「今度両寺の騒ぎは、平戸藩の御領内のことです。本寺は長門大寧寺が定め、
 昔より只今まで華光寺が勤めてきたのに、もし大寧寺が不納得の時は
 他国との事だから、国君方 (*注1)の 御取合 (*注2)に及ぶことになれば、
 いかがなさいますか」と。
  奉行衆はこれを叱るが嶺音は更に一理(意見)を述べる。
 故に大寧寺に遣され、既に両寺の大事に及ぼうとする。よって大寧寺が
 近頃これを扱い和睦をさせる。
 扱帖(あつかいちょう)あるが、今はこれを略す
 延宝七年己未(1679年・つちのと ひつじ)正月十三日遷化された。



十世獨外大秀(どくがいだいしゅう)和尚
  壱州の生れにして、初めて華鯨 (*注3)を 鋳鐘(*注4)させて楼門を造立し、
 涅槃(ねはん)像を縫い江湖(*注5)を興行する。
 元禄十一年戊寅(1698年・つちのえとら)四月六日亡くなられた。

注 1・国君方(此の場合、平戸松浦藩主と長州毛利藩主)
注 2・御取合(とりあい・奪い合い・転じて争い)
注 3・華鯨(かげい・梵鐘の美称)
注 4・鋳鐘(ちゅうしょう・鐘を鋳ること)
注 5・江湖(僧を集めて夏安居を行うこと)





十一世猷山石髄(ゆうざんせきずい)和尚
  壱州の生れにして、庫裡(*注1)知客寮 (*注2) 及び観音堂を造立(ぞうりゅう)し、
 巡礼観音三十三体及び開山(宗雲長禅大和尚)の像・自分の像を彫刻し、新書十二部
 を編集し諸所において説法 (*注3)度生 (*注4)し、 江湖を四会(しえ)興行し末寺で
 江湖を九会(きゅうえ)興行する。但し七ヶ所で。

   これによって国聞 (*注5)に達し、老臣の奉書が到来して其の文の記述に
 「一簡(*注6)啓上令(せしめ)候。 頃日(けいじつ・過日)の御渡海は首尾良く
 御目見え(*注7)相済み珍重 (*注8)の事と候。
  然者(されば・そんなわけで)貴僧は学徳も在り行跡も宜しき候に付いて、
 末寺等そのほか一国の僧中に迄、風俗宜しく罷り成り候段聞召(きこしめ)され
 御感悦(ごかんえつ・悦ぶ)遊ばされ候。 弥以(いよいよもって)末寺出家中にまで
 実儀(じつぎ・真実)正法(しょうほう・仏法)を 怠らず候様与(そうろうようと)
  被(貴い人には、改行して敬意を表す)
 思召(おぼしめ)され候。右の趣(おもむき)申し達す 可き(べき)之旨(このむね)
 仰出(おおせいだ)(され)候処、 早(はや)御出船に付き若是(かくのごとく)

 不宣(ふせん・述べたらず) 謹言(きんげん・手紙の結びに用いて、相手に敬意を表す語)
 八月六日
   熊沢右衛門八  正勝 押字
   村松伊織     正  押字
   松浦作右衛門  虎正 押字
   松浦求馬     信久 押字
 華光寺

注 1・庫裡(くり・寺院で食事を調える建物)
注 2・知客寮(ちかくりょう・客殿、本堂)
注 3・説法(仏教の教義を説き聞かせること)
注 4・度生(とせい=渡世・この世で生きていくこと、生活すること、くらし)
注 5・国聞(こくぶん・領主または藩主に聞えた)
注 6・一簡(いっかん・一筆ほどの意味)
注 7・御目見え(貴い人に会うこと・この場合は藩主に)
注 4・鋳鐘(ちゅうしょう・鐘を鋳ること)
注 8・珍重(ちんちょう・めでたいこと)



  元禄七年甲戌(1694年・きのえいぬ)春に 龍蔵寺の賢嵬(けいかい・僧名)と、壱州
 曹洞宗派本末の論が起り、長州に至り大寧寺に訴える。
 大寧寺の了譚は延宝二年(1674年)近頃、 五ヶ寺の扱(あつかい)の例に任せ、
 これを裁断(*注1)する。

  その状の記述に
 一つ壱州華光寺の石髄長老対同州(壱州)龍蔵寺の賢嵬長老が、壱岐国一派の
 支配並びに座位等の事、口上書を以って役寮に訴える就き、龍蔵寺を召し寄せ
 返答書を為致(いたさせ)詮索(細かい点まで調べ求めること)を遂げた処、
 先年の延宝二(1674年)寅の春、各諍論(*注2)の節に、当寺は近頃五ヶ寺を
 取り扱い之の筋目(すじめ・物事の道理)は相違無く古来より両寺にて、支配を
 仕来(つかまつりきたる)事、 其の證(あかし)顕然(けんぜん・あきらか)也。
 且(かつ・一方では)其の国君(*注3)の 御黒印(*注4)も右の通り相見え候。
 然に(しかるに)華光寺は当山(大寧寺)十世の分派。龍蔵寺は当山十三世
 異雪和尚の開山した所也。
  華光寺対龍蔵寺は古跡(*注5)、 其の上余国に於いても其の例之(これ)有る事と
 候得者(そうろうえば)、 自今(いまより)以後 華光寺が上座為(た)る可き候。
 然りと雖も当山聚会(*注6)の節の座位は先官次第 (*注7)(た)る可し。
 尤も双方の口上書を委細に糾明せしめ候は、裁許の品之有る可しと雖も
 両寺共に当山の門葉(*注8) 故に腹蔵無く異見 (*注9)せしめ、諍論を相止め候。
 此れ以後は弥(いよいよ)各門の 末切(末節・この場合壱岐曹洞宗の末寺)支配之有り。
 諸事異論無く和融致し、法門の扶起を致す可き者也。

 元禄七(1694年)甲戌(きのえいぬ)   大寧寺
     五月廿一日   了譚(りょうたん)
 壱州   華光寺

注 1・裁断(さいだん・物事の善悪を判断)
注 2・諍論(じょうろん・言い争うこと)
注 3・国君(こっくん・国主、藩主、領主)
注 4・御黒印(武家の公文書に用いられた、おすみつき)
注 5・古跡(こせき・この場合古刹との意味)
注 6・聚会(じゅかい・人の集まる会・集会)
注 7・先官次第(せんかんしだい・先に決めた通り)
注 8・門葉(もんよう・一門の分かれ)
注 9・異見(いけん・他の人とは違った考え。異議。異論)



 翌年江府(こうふ・江戸)に到り出訴(しゅっそ・訴え出る)す。
国君は(平戸松浦五代藩主 棟) 日本(*注1)寺社奉行が交代して間もないので、
故に関東三寺(*注2)を招いて裁断(さいだん・物事の善悪を判断)された。

 其の状の記述に
 今度 華光寺石髓と龍蔵寺賢嵬が、壱岐国曹洞一派の指揮並びに宗派本末の
異論(今回は色々な論議の意)に就いて、花光寺江府に到り出訴せしむるの間、
龍蔵寺を召し下し糾明を遂げる。
 延宝二年(1674年)三月、 長州大寧寺に於いて両寺対論(抗して議論する)の時、
五ヶ寺講和の連署、去年(こぞのとし)元禄七(1694年)五月大寧寺了 裁断の一簡
及び両寺の證書等これを検閲す。

 古来より花光寺一箇(いっか・物ひとつ、単独)の支配、 其の證(あかし)不分明。
就中(なかんずく)延宝二(1674年)の春の諍論和平の後、門葉の諸寺両院両寺に
優劣無く、これを指揮する。元禄二年(1689年)三月答えた所。
 関東三寺の連簡各門中に限りこれを支配せしめる旨これを載せ、旁以(*注3)
一派の寺院 両寺指揮する所顕然也(けんぜんなり)

 且つ亦、龍蔵寺の先師剛岳禅全(ごうがくぜんぜん)は、始め大寧寺十三世異雪
和尚の直弟(じきてい・師から直接教えを受けた弟子) 防州山口龍福寺の主亀川画像ファイル
(ほうりん)に付き従い、自ら嗣法を證(あかさんが)為に、 龍蔵寺に覃入(*注4)して、
華光寺三代能山傳法に託し、それより以来花光末寺と為る。

 然るに法脈の系削(けいさく)亀川は異雪之法として二十年来あらたに勧請し、
異雪 大寧直末(じきまつ・総本山直属の末寺)と称す。
 亦同(大寧寺)十二世 亀洋宗鑑(きようそうかん)の牌を立て而、開山と為す。
 故に頃年(けいねん・近年、ここ数年)本寺に達し亀洋の牌銘を 除かしめなとの旨
石髓これ述ぶる依り、関東三寺を招きて両寺の嗣書法脈等開見に及ぶ處。
 華光寺 嗣書の傍(かたわら) 禅金漫黙(ばんもく)の判形 (*注5)能山
附与 (*注6)禪金この旨附記し法脈に載せず。
 法系は伝法するに足らず。この明証(めいしょう・はっきりとした証明、証拠)華光
四世泰叟(たいそう)在判の法脈(仏法を伝える系脈)龍蔵寺に亦これ有り。
 異雪付法(ふほう・教えを授け、後世に伝えさせる)の遣偈 (*注7)付嘱の法衣龍蔵寺に
これ在りて、当寺開山異雪和尚の法衣也とこれを誌るす。
 禅金の證判(しょうはん・上司から承認の判)ここに 炳(あきらか)。且つ本寺大寧寺の
灯外、亀川を除きて改めて異雪の直法を以って茲に後證(*注8)と為す。
 この上は、尤も異論渉可不(わたるべからず)本寺の 使(つかい)差異 (*注9)無く
せしめ、この条一派の指揮座位の席次、其の外去夏(*注10)大寧寺了断の
(おもむき)(いよいよ)堅これ守り 専(もっぱら)和融し乖戻(*注11)為す可からず。
 門葉の寺院に至っては将来これ筌(うけ)法式 (*注12)を怠る勿れ。 後鑑(*注13)
の為にこれを録し(ろく・書き記す)、双方へこれを?(あたえる)者也.。

 元禄八(1695年)乙亥(きのとい)四月十二日 壱岐守(平戸松浦五代藩主棟)
               壱州石田郡武生水村
                    華光寺(十一世石髄)

 享保十六年(1731年) 辛亥(かのとい)三月十九日遷化された。

 石門が云うには
先師(せんし・亡くなった師匠、先生)石髓は一生仏経(仏教の経典)を
講談(こうだん・観衆を前にして講じる)す。所謂(いわゆる)法華料註 十二遍・
 梵綱経・恩重経・地蔵経・薬師経・圓覺経・因果経等那り。
 石門交代の後、筑前宗性寺(しゅうせいじ)や唐津・名護屋・平戸地方で、
 各々一会の講師(古く、寺で説経をする僧をいった)を行った。
        以上如意山に記す事

注 1・日本(日本=公・おおやけ=転じて公儀の意味)
注 2・曹洞宗関東三ヶ寺(安国山総寧寺、太平山大中寺、長昌山竜穏寺)
注 3・旁以(かたがたもって・どの点からみても)
注 4・覃入(たんにゅう・深く入りこむ、入れ込む)
注 5・判形(はんぎょう・書き判、印形)
注 6・附与(ふよ・さずけ与えること)
注 7・遣偈(いげ・禅僧が末期に臨んで残す偈)
   (偈=経典中で、詩句の形式をとり、教理や仏・菩薩をほめた言葉)
注 8・後證(ごしょう・後の証し)
注 9・差異(さい・他のものと異なる点)
注10・去夏(こぞのなつ・去年の夏)
注11・乖戻(かいれい・そむき逆らうこと)
注12・法式(ほうしき・儀式、礼儀などのきまり)
注13・後鑑(こうかん・後の手本、参考)



前住金峯長連(きんぽうちょうれん)和尚
 父は横田某、出家して対州尾崎龍蔵寺の住持となり、法衣を送って
 前住につらなる。故郷たるによってなり。

前住亀雄英鶴(きゆうえいかく)和尚
 鎮山独外両僧の出世銀及び客殿の柱代を出し伴僧(*注1)つとむ。
 故にあけて前住に列す。延宝二年(1674年) 甲寅(きのえとら)遷化された。

前住心海長伝(しんかいちょうでん)和尚
 宝永六年(1709年)己丑(つちのとうし)七月六日遷化された。

現住石門(せきもん)和尚
 享保五年(1720年)庚子(かのえね)春に入院 (*注1)
 六年(1721年)辛丑(かのとうし)夏に江湖興行
 七年(1722年)壬寅(みずのえとら)春に梅津新田の開発をはじめ
 十年(1722年)乙巳(きのとみ)春に至るも成就せず。
 亦客殿堂及び土蔵・樓門を修理し安興寺及び廊下・後庇(こうひ)を建立し
 西光寺・金谷寺・太平寺・圓光寺等の江湖に円覚経及び起信論を講す。

注 1・伴僧(ばんそう・法会や葬式で、導師につき従う僧)
注 2・入院(じゅいん・僧が住職となって寺に入る)









   
































ブログパーツ