×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

豊臣秀吉と壱岐國勝本城


石垣の鏡積み


TOPへ

 

はじめに

 H19年3月9日、勝本町ふれあいセンター「かざはや」で、一支國研究会の主催で講演会『豊臣秀吉と壱岐國勝本城』が行われた。講師には、佐賀県立名護屋城博物館学芸課長 高瀬哲郎先生が来島され、約一時間半にわたって講演された。高瀬先生は、勝本城の石垣が鏡積みと云う、石材の最も広い面を表とする技法で、かなり危険な積み方を多用した特異性を指摘されていた。
  勝本城を紹介するこのHPの文章は、一支國歴史発見講演会資料『豊臣秀吉と壱岐國勝本城』から多数引用しています。  






1.勝本城東櫓台下の大石垣

 豊臣秀吉が文禄・慶長の役に際し、壱岐の領主であった松浦鎮信に命じて、壱岐の風本(勝本)に築かせた出城である。別名を風本城・武末城・雨瀬包城ともいう。勝本城は、太閤秀吉の城として天下普請が行われた、全国的に見ても数少ない貴重な文化財である。下図の赤線で囲んだ部分に鏡積みが多く用いられています。

壱岐國勝本城東櫓台下の大石垣






  勝本城東櫓台下の大石垣で、鏡積みと思われる石に番号を打ち寸法や面積を測って見たいと思います。上のほうにも、まだ幾つか鏡積みと思われる石がありますが、私には 実測出来ないので、今回は外しました。

 勝本城東櫓台下の大石垣を東側から撮影
勝本城東櫓台下の大石垣を西側から撮影




 寸法は石垣に行き、実測しました。面積は各大石をなるべく正面から撮影し、出来た写真から輪郭のラスタ画像(BMP)を取り出し、それをベクタ画像(DXF)に変換しました。その後CADソフトに読み込み、縦横の寸法を整え、輪郭を72分割して各交点を直線で結んで求めました。
 面積を求めるのに結構時間はかかりましたが、写真が正面からきちんと撮れてないものもあって、あまり正確とは言えないものがありますので、参考程度と思って見て下さい。

背景を薄くして、輪郭を取り出す 朝鮮通信使が書いた勝本浦正村湾










2.東櫓台下の大石垣比較寸法図

 勝本城は小さな城であるが、太閤秀吉の威光を明や朝鮮の使者に示すために、工夫がいろいろと為されていたであろう。その代表的な例が東櫓台下の鏡積みが多く用いられた石垣である。鏡積みは危険を伴う工法であるが、石の最も広い部分を表とするため見るものに威圧感を与える。



 隅角部に算木積みされた角石の残り 右上隅が¬型に加工されている


 表面積は右側の線まで 04


 05 表面積は右側の線まで


  01の石は角石と言い、一国一城令により破却された城壁に残っているのは珍しいのではないか。何故ならば城崩しは、城壁の角を徹底的に破却するからである。02の石は右側の面が取ってあって、右上隅は¬型に加工されている。東櫓台下の石垣で、他の石を検証するに角石以外に側面を加工した石を見つけることが出来ず、他で使う予定か使っていた石を急遽持ってきたのではないだろうかと考えたりもする。




07 08


東櫓台下の石垣にあっては2uを超え最大の物である。 10


11 12


 大小様々な野面(自然)石を多用し、それらを布積みにする。角石も野面石を多用しており、古式の様相を強く見せている。築石(つきいし・石垣の下の部分)に大平石を点々と配置し、鏡積みの技法をを駆使しており、本城の独特の様相が窺える。築城の経緯とも関わるものであろうか。


『豊臣秀吉と壱岐國勝本城』より




13 14


15 16


17 18


 勝本城東櫓台下の大石垣は、表面積が1u前後の大石がふんだんに使われ、0.9u以上が測っただけで14個もあり、09番の石にいたっては2uを超え、この石垣最大の物である。佐賀県立名護屋城博物館の高瀬哲郎先生は、講演会で「この石垣はずっと見ていても、あきがこないくらい見事である。」と語っておられた。




縦積みと云う特殊な積み方 20


21 22


 19番は、縦積みと云う石材を立てて使う特殊な積み方で、通常は危険な方法であるために用いられない。しかし、出入口部や櫓などに限って類例がある。同時期に、太閤秀吉の城として、同じ天下普請で出来た肥前名護屋城でもきわめて例が少ないと言う。





























   


ブログパーツ