×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

豊臣秀吉と壱岐國勝本城


城址図の寸法2


TOPへ

 

はじめに

 H19年3月9日、勝本町ふれあいセンター「かざはや」で、一支國研究会の主催で講演会『豊臣秀吉と壱岐國勝本城』が行われた。講師には、佐賀県立名護屋城博物館学芸課長 高瀬哲郎先生が来島され、約一時間半にわたって講演された。高瀬先生は、勝本城の石垣が鏡積みと云う、石材の最も広い面を表とする技法で、かなり危険な積み方を多用した特異性を指摘されていた。
  勝本城を紹介するこのHPの文章は、一支國歴史発見講演会資料『豊臣秀吉と壱岐國勝本城』から多数引用しています。  






1.勝本城址図の寸法

 豊臣秀吉が文禄・慶長の役に際し、壱岐の領主であった松浦鎮信に命じて、壱岐の風本(勝本)に築かせた出城である。別名を風本城・武末城・雨瀬包城ともいう。勝本城は、太閤秀吉の城として天下普請が行われた、全国的に見ても数少ない貴重な文化財である。城址図に書かれた寸法を実測して城址図の信頼度を検証して見たいと思います。

壱岐國勝本城址(財団法人 松浦資料博物館所蔵)





2.勝本城址図の寸法と実測値

 前回に続いて城址図に書かれた寸法を実測して城址図の信頼度を検証して見たいと思います。下記の数値は、最初に図面の寸法、次に変換値、実測値(青字)、必要な時は修正値(赤字)の順です。

壱岐國勝本城址のF寸法 壱岐國勝本城址のG寸法



壱岐國勝本城址のH寸法 壱岐國勝本城址のH寸法



壱岐國勝本城址のI寸法 壱岐國勝本城址のI寸法



壱岐國勝本城址のJ寸法 壱岐國勝本城址のJ寸法





 FGHの寸法は城址図に書かれたように、そのまま実測すれば概ね近似値を出すことが出来ました。IJも近似値を出すことが出来ましたが、測定方法に若干の疑問が残ります。Jの寸法は西端を測って測定値を出しましたが、東端を測ると数値が大きく違ってきます。ここまでの城址図寸法は、素人ゆえ測定方法に問題があるかも知れませんが、概ね信頼できると思います。








3.KLMNの城址図寸法と実測値

 今までの城址図寸法は 概ね信頼できると書きましたが、KLMNの城址図寸法はかなりの矛盾点を含んでいます。KをAの距離・LをBの距離・MをCの距離・NをDの距離として説明したいと思います。なおABCDの数値は、KLMNの変換値です。


1) Nの三間の寸法であるが、ほんとうにDの距離なのか?城址図は公文書であろうから、寸法の記入にも規則があると思う。この図面は高さは別として、水平距離を記す場合、図面上縦の寸法は縦書きに、横の寸法は横書きに書いてある。この規則からNの寸法は、本来なら図面上縦の寸法でなければならない。しかし、図面上縦の寸法に該当する線は見当たらない。


2) 図面上でも現場でも、A+BよりもC+Dのほうが確実に長いが、寸法上はA+Bのほうが長く記入されている。CとAの差Eは寸法上は0.9mだが、実測値は約3mもある。

KLMNの城址図寸法と実測値



3) 寸法図の変換値と実測値を書き出してみました。まったく寸法が合いません。 下図の赤は寸法図の変換値 青は実測値 です。

寸法図の変換値と実測値



4) 次に寸法図の変換値を少しいじってみました。AとBの寸法を書き間違えたかもしれないと仮定して入れ替えてみる。Dは1)で説明したように別の場所の寸法かもしれないので、仮にBの寸法を採用してみる。するとEの数値も改善されて、信頼度もかなり上がってくる。

寸法図の変換値と実測値







* 4)でしたような事は、邪馬台国の位置を推定する時によく用いられるもので、これで絵図の寸法が検証されたわけではないことを御了承下さい。





 結論として私は城址図の寸法は、概ね信頼出来るのではないかと思います。城址に詳しい専門家に、いつかはきちんと聞いてみたいと思います。






  *07/04/30  壱岐日々新聞社の植村記者のお世話で、佐賀県立名護屋城博物館の高瀬哲郎先生と連絡が取ることが出来ました。高瀬先生より、天正年間の一間は六尺ではなく、六尺五寸だとの御指摘を頂きましたので、早速 変換値の修正を行いました。











   


ブログパーツ