×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

壱岐の風景      曽良翁300年忌記念誌Web版

 

 

                                                目次

追悼句入賞作品

 

 池田 昭雄 選

 最優秀句

曾良ねぶる離島卯浪のかぎりなし    諏訪市  花岡 峰明

 

 介弘 浩司 選

 最優秀句

霞みても曾良しのぶ島遠からず     太宰府市 柴田 慧美子

 

 木場田 秀俊 選

 最優秀句

曾良の墓守る島人に烏賊火燃ゆ     福岡市  古野 ふじの

 

 田中 南嶽 選

 最優秀句

この香り壱岐焼酎にまぎれなし     伊万里市 松尾 昭良

 

 田邊 虹志 選

 最優秀句

一本を摘むより蕨野となれり      大牟田市 坂井 和子

 

 中島 不識洞 選

 最優秀句

子はいつか離れゆくもの鳥雲に     唐津市  堤  鈴代

 

 中村 田人 選

 最優秀句

彼岸会の僧が一番若きかな       福岡市  松尾 康乃

 

 濱口 星火 選

 最優秀句

行き交ふて啼くほとゝぎす曾良遠忌   壱岐市  野田 隆也

 

 林  加寸美 選

 最優秀句

島あげて祀る曾良の忌風薫る      福岡市  江藤 豊子

 

 平尾 圭太 選

 最優秀句

壱岐と諏訪結ぶ縁や曾良遠忌      諏訪市  浜  厚二郎

 

 松永 唯道 選

 最優秀句

曾良も見し壱岐の卯浪の荒さかな    伊万里市 宮ア 善子

 

 守矢 豊州 選

 最優秀句

菜の花や潮の明るき曾良の墓      久留米市 松熊 春嘉

 

 

 

一般入選句

 知事賞

島あげて祀る曾良の忌風薫る      福岡市  江藤 豊子

 

 壱岐市長賞

曾良の墓守る島人に烏賊火然ゆ     福岡市  古野 ふじの

 

 壱岐教育委員会賞

一本を摘むより蕨野となれり      大牟田市 坂井 和子

 壱岐文化協会賞

曾良も見し壱岐の卯浪の荒さかな    伊万里市 宮ア 善子

壱岐と諏訪結ぶ縁や曾良遠忌      諏訪市  浜 厚二郎

 

 壱岐商工会賞

行き交ふて啼くほとゝぎす曾良遠忌   壱岐市  野田 隆也

子はいつか離れゆくもの鳥雲に     唐津市  堤  鈴代

彼岸会の僧が一番若きかな       福岡市  松尾 康乃

 

 壱岐観光協会賞

曾良ねぶる離島卯浪のかぎりなし    諏訪市  花岡 峰明

三百年遠くて近き曾良忌かな      島原市  平尾 圭太

 

 西日本新聞社賞

霞みても曾良しのぶ島遠からず     太宰府市 柴田 慧美子

 

 長崎新聞社賞

菜の花や潮の明るき曾良の墓      久留米市 松熊 春嘉

 

 壱岐日報社賞

露けしや曾良随行の旅日記       長崎県  一瀬 あおい

 

 新壱岐新聞社賞

この香り壱岐焼酎にまぎれなし     伊万里市 松尾 昭良

 

 壱岐日々新聞社賞

島なべて薫風といふ贈りもの      福岡市  赤坂 邦子

 

 

中学生入選句

 知事賞

「また明日」菜の花香る帰り道    箱崎3年  中尾 江奈

 

 壱岐市長賞

島風に若葉は一日中ゆれて      初山3年  市山  卓

春の土こぼして帰る耕耘機      那賀1年  吉村 勝彰

春の鳥枝から枝へさがしもの     沼津1年  伊藤 優花

 

 市議会議長賞

壱岐の海父と二人でめばる釣り    武生水2年  宮ア 康太

よくきたねツバメと話すおばあちゃん 鯨伏1年   浦川  誉

 

 教育委員会賞

つばめの子やっと飛べたね屋根の上  箱崎2年   寺田 佑美加

新品のセーラー服で春の道      武生水1年  小嶋 那奈美

 

 市商工会長賞

アジサイの花をくすぐる雨の音    渡良2年   松本 満南果

男岳を登って広がる春景色      箱崎1年   池上 直樹

 

 観光協会長賞

山からのおすそわけかな竹の子は   渡良2年   斉藤  徹

うなだれた瞳の先にありの列     鯨伏3年   品川 泰斗

 

 文化協会長賞

三百年昔と変わらぬ藤の花      武生水3年  斉藤 啓介

鶯の声を枕に朝ねぼう        鯨伏1年   白川 明成

 

 長崎新聞社賞

闇の中河原に光る蛍かな       石田3年   安永 大樹

夕立のテニスコートに虹出たり    沼津3年   長岡 功嗣郎

 

 壱岐日報社賞

花しょうぶ雨の中にも凛として    武生水3年  後藤 綾太

雨蛙友を探して今日も鳴く      石田2年   大浦 純弥

 

 新壱岐新聞社賞

新緑に響けラジオのいちにいさん   初山2年   鋸崎 翔太

巣立ちゆく燕の姿眺めけり      勝本2年   松尾 菜摘

 

 壱岐日々新聞社賞   

たんぽぽやわたげを飛ばせ夢をのせ  渡良2年   永村 まどか

かたつむり先は長いぞ一人旅     箱崎2年   川添 宗和

 

 西日本新聞社賞

春の風浴びて伸びゆく命たち     田河2年   赤木 和希

夏近し心うかれる青海        勝本1年   中上 結貴

 

 実行委員会長賞   

風かおる草舟浮かぶ水田に      沼津1年   山ロ 直人

雨の中混声合唱あまがえる      石田3年   長岡 尚利

 

 

 

小学生入選句

 知事賞

新学期心臓ドキドキクラスがえ    盈科6年   吉田 裕矢

 

 壱岐市長賞

このマグロ僕の重さの何倍か     勝本6年   小畑 義喜

青色のパレット一色夏の海      石田5年   長谷川 倫太郎

 

 市議会議長賞   

新しい先生待ってる新学期      瀬戸6年    重井 理央奈

笑ってる顔に見えるよイヌフグリ   霞翠5年    末永  舞

 

 教育委員会賞

こいのぼりぼくも大空泳ぎたい    石田6年    池内 克斗

こいのぼり揺れて踊って泳いでる   渡良5年   山中 ありさ

 

 市商工会長賞   

海の上えものをねらうとび一羽    三島6年   中山 太鳳

カブトムシ角で投げるぞかっこいい  柳田5年   高瀬 大樹

 

 観光協会長賞

桜道一年生の声ひびく        箱崎6年   井元 美紗樹

そよ風が桜の花びら届けるよ     鯨伏5年   川村 知輝

 

 文化協会長賞

キャンバスに描いたみたいな夏の海  柳田6年   熊谷  萌

タンポポのわた毛が空を散歩中    八幡5年   重本 利歩

 

 長崎新聞社賞   

鯉のぼりからまりあってけんかかな  初山6年   竹藤 智哉

校庭に明るい笑顔新学期       鯨伏5年   長山 佳澄

 

 壱岐日報社賞

母の日にないしよにしててプレゼント 盈科6年   永富 日葵

春の海星の数だけウニがいる    三島長島分5年 宮橋 竜生

 

 新壱岐新聞社賞

つくしたちみんな負けじとせい比ベ  沼津6年   大久保由衣

ぼくの家物置の中ツバメの巣     石田5年   山川 颯太

 

 壱岐日々新聞社賞

こどもの日うんとやさしい母の顔   八幡6年   米田 愛奈

しやぼん玉きらきら光る宝石だ    瀬戸5年   井戸川夏実

 

 西日本新聞社賞

雪うさぎ夜には星と遊んでる    筒城5年    吉福 歩華

たんぽぽの綿毛が風と走ってる   田河6年    松尾 夏季

 

 実行委員会長賞

汗流し一球入魂ストライク     八幡5年    小田 悠生

海開き待ってましたと海へ行く   志原6年    山内  峻

 

 佳 作     

一年生カバンピカピカうらやましい  芦辺6年   吉富 悠太

春の日にひみつの小道できあがる   那賀6年   殿川 美穂

 

                      目次

 



 

壱岐の風景      曽良翁300年忌記念誌Web版

 

















































































  ブログパーツ